PR

3Mカーボンシートで、リアディレイラーとR250ツールケースの傷隠し補修

メンテナンス

バイクを倒しちゃった時のリアディレイラーの傷隠しと、ボトルケージで擦れたR250製ツールケースの補修の小ネタです。

スポンサーリンク

3M製 ダイノックス カーボン調シート

20 x 25cm、粘着フィルム(楽天で買った)を使います。

3M ダイノックフィルム 200×300mm CA-421 カーボン

3M ダイノックフィルム 200×300mm CA-421 カーボン

900円(06/22 18:41時点)
Amazonの情報を掲載しています

リアディレイラー

立ちゴケ&倒した時のキズが付いちゃってます(T . T)。チョットだけだけど気になる物は気になるのよね〜。

立ちゴケ&倒した時の傷

何度か貼っているので、形を切り出します。

シリコンオフで、貼る面の脱脂をしておきます。注油したりすると剥がれやすいので、出来るだけ密着する様に貼りたいのでね〜(^^)

あとは貼るだけで完成です。

R250ツールケース

ボトルケージに入れて走ってますので、ケージと当たる所がスレて、破れてきてしまいます。

ツールケースがカーボン柄で、この3Mのカーボン柄がちょうど良い感じに合います。

(真ん中あたりに貼ってるのが分かると思います。カーボン柄の向きとかを合わせて貼ってます)

上の写真は分かり易い様に撮ってますが、実際は下の写真の様にパッと見ではほとんど分からない感じです(^^)

キズが入ると残念な感じになっちゃうので、色々と見た目を直して使っています(かなり細かい(^^))。

少しでも気持ち良く楽しみたいですものね〜(⌒▽⌒)

カーボン調シートには色違いもあるので、色々見た目を直すのに役立ちそうですね〜(以前買った時におまけで名刺サイズの色見本もらいました、グレー/ブラック/ホワイト)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました