PR

リアのスプロケットを変えてみた。負荷を上げてトレーニング的な事をしてみようかと。

パーツ

STRAVAの過去の記録を見ていて、気がついた事がありまして。

ヒルクライムでの記録の上位が、2019年から2020年前半に固まってて、その後はベストよりもちょっと低い所止まり程度なんです(三ヶ根山のベストも2019年11月)。

(19分台なんで決して速くはないんですけど、これがベストなんです(^_^))

今のリアのスプロケットは、アルテグラの11ー30Tを使ってるんですが、これを買ったのが、ちょうど2020年の春先だったので、交換した頃から記録が伸びてないって事なのかな〜っと。

元々のオリジナルのスプロケットは、105グレードの11ー28Tが付いていたんですが、ヒルクライムで出来るだけ楽に登れる様にしたくて、11ー30Tへ変更したんです(しんどいのは嫌いなんで)。

楽に登りたい⇨楽なギアを使う⇨スピードが落ちる⇨体は楽だがタイムは遅くなる っていう構図なのかな〜( ; ; )。

ただの加齢(老化)のせいっていう可能性は大いにあるんですが、スプロケットを元に戻してみようと思い交換してみました(105のスプロケットは取ってあったので0円です)。

シマノ CS-R8000 11S 11-30T 12345791470 ICSR800011130

シマノ CS-R8000 11S 11-30T 12345791470 ICSR800011130

8,600円(05/17 03:09時点)
Amazonの情報を掲載しています

今のスプロケットはアルテグラ、ライド直後の写真なんで汚いのはご容赦を(^_-)。

これを105の11−28Tへ交換します。右が105です。

ロックリングのスペーサーが千切れかけていたので、新品に交換しました。

スプロケットの交換自体はいつも通りの作業でサクッと終了。

E-Value 2WAYワイドモンキー EWM-220

E-Value 2WAYワイドモンキー EWM-220

1,408円(05/16 22:46時点)
Amazonの情報を掲載しています

交換後に三ヶ根山を走ってみましたが、速くなるわけもなく・・・(当たり前ですよね)。

おまけに途中で足がピキーンって攣っちゃう始末。今まで楽をしすぎたツケなんでしょうね〜。この仕様で暫くトレーニングしてみます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました