PR

IRC FORMULA PRO TUBELESS X-GUARD前輪のリムテープ密着と後輪のスローパンクの処置

パーツ

先日の三河湾スカイラインへのライド後に、前輪の改善と後輪の処置を行いました。

前輪のリムテープの圧着

チューブを入れて4日程放置しました。リムテープが圧着されたのを確認して、チューブレスへ戻します😃。

チューブタイヤで圧着中の図
圧着前、巻き終わりの所がチョット浮いてるよー
圧着後、巻き終わりがピッタリくっ付いてるね。

これだけ圧着されてたら、出先のパンクとかでシーラント入れられますね😉

チューブレスバルブを取り付けしましたが、リムに密着させるゴムの所が、最初の取り付けの時に少し跡が付いた様になってたので、念のためにシールテープを巻いて取り付けました。

白いのがシールテープです
この白いテープを少し伸ばしながら巻きました

この後は毎度のリムへのタイヤのはめ込み作業になりますが、やっぱり最初よりも楽にはめられました。チョット伸びるんでしょうかねー😅

片側だけのはめ込み。途中で止めてますが、このままポコンと入りましたよ
もう片方を嵌めようとしますが、ここから相当固くなります😢
石鹸水で滑りを良くしたら、スンナリ入りましたよー

バルブの所がちゃんとタイヤのビードの間に入っている事と、全体的にビードかリムの窪みに均等に収まってる事を確認してから、エアを入れます。

今回もフロアポンで難なく入っちゃいました、楽チンで良いですねー😁

一旦、最大の8barまで入れてから、2bar位に下げて、ビードの上がりムラを揉んでチェック。

再度8barまで入れてから通常使う圧(私は5bar)まで下げて完成です。念のためにホイール回してみて、タイヤがウネウネ歪んで回って無い事を確認しておきました。

後輪のスローパンク

新たに出来た小さなキズと、修理したはずの大きなキズの2箇所から、かすかにエア漏れしてます😭

新たなキズ、石鹸水でブークぶく
修理したはずなのに、なんで〜

タイヤを外して見ましたが、新たなキズはガラス片を踏んでついた様でしたが、貫通はしてない様でした。修理した方は特に異常は無い様でした。なんで漏れる⁇

タイヤはめ直して、石鹸水を念入りに塗ってからエア充填、限界をチョイ超えた9barまで入れてから5barにさげてみたら、漏れが少なくなりました。

推測ですが両方のキズ共に、エア保持層が破れている所に、微妙に上がり切ってないビードの縁からかすかにエアが滲んで出てきてるのだと思いました。

なので、どこかにパッチを貼るとかの修理が出来ません😵

やむを得ず、シーラントを入れて見る事にしたのですが、それでも漏れは止まりませんでした😭

エアの減り具合は非常にゆっくりなので、しばらくはこれで様子を見ようと思います(本当はシーラントを抜きたいんですが、タイヤはめる作業は暫くしたくない気分なので)

NO TUBES タイヤシーラント 16オンス ST0068

NO TUBES タイヤシーラント 16オンス ST0068

3,470円(04/14 15:06時点)
Amazonの情報を掲載しています

コメント

タイトルとURLをコピーしました