PR

ポジション調整をしてみます。ステム交換とハンドル高さ変更。

メンテナンス

ズ〜っと室内ローラーばかりやっているんですが、ハンドルが遠いな〜って気になってしょうがなくなっちゃいました。

実装で走ってたときには、それほど気にならなかったんですが、ローラー台だとメチャクチャきになる〜(╹◡╹)なんでだろ〜?

走行中の向かい風が無いから?結構踏んで(つもりで)走ってるから?

う〜ん分からん、謎です・・・

って事で、気持ちよく漕げる様に、試しにステムを交換してみる事にしました。

ステム取り外し

今の状態はこんな感じ。ついているステムはシマノのPLT 100mm ±6° です。コラムはカットせずに残してあります(ステム上に15mmのスペーサー)

取り外して行きます(写真は一部古いの使ってるので構成がチョット違ってます m(_ _)m)。

ちなみにカーボンコラムなんで長いアンカーナットを使ってます(下げてるからね)

DIXNA(ディズナ) カーボンアンカーナット

DIXNA(ディズナ) カーボンアンカーナット

1,514円(04/14 13:28時点)
Amazonの情報を掲載しています

チタンボルトに変更してます(ハンドル側16mm x 4、ステム側 18mm x 2)。

ハンドルも外したんですが、写真忘れちゃいました。

ステム交換

突き出し100mm を90mm に変更、角度も±10°に変更です。MTBで使っていた、かなり古いXLTを引っ張り出してきて使います(懐かし〜(^∇^))

取り付けも写真忘れちゃいました。

手順は下記です

  1. ステムとスペーサーをコラムにはめる
  2. トップキャップのボルトを締める
  3. ハンドルの動きが渋く無いか確認する(前輪浮かして、車体を左右に傾けて、ハンドルが自重で切れるか確認します)渋ければ緩め、グラグラ(ガタつく)なら締める
  4. ステムとタイヤの向きを揃える
  5. ステムのボルトを締める

ボルトの締め付けは、トルクレンチを使います。シマノのステムは 5Nm の指定なので4Nmで締めています。

ボルトは当然チタンボルトを移植しましたよ)^o^(

出来上がり

交換後はこうなりました。

パッと見では良く分からないですけど、結構近くなりました。

スペーサー入れ替えて、10mm上げてます。ローラーだとこのほうが更に漕ぎやすかったんで。

思いっきり踏むときには、下ハン持った方がやり易い感じに変わりましたが、これはこれで良しかな〜っと。

実走する時はどんな感じかは、そのうち確認します(暖かくなってからだな(^^))。

まとめ

チョット上げ過ぎの様な気もしますが、しばらくはこれでやっていこうと思います。ヒルクライムのポジションに使いかも?って気がしましたが、意味はない気がしますけどね(^ ^)

富士ヒルも何とか無事エントリーできたので、頑張ってトレーニングして行きましょー٩( ‘ω’ )و

コメント

タイトルとURLをコピーしました