PR

富士ヒルで大雨走行したバイクの整備。浸水+砂利の侵入で酷い事に

ロードバイク

先日参加した富士ヒルクライム。5合目から戻るダウンヒルで土砂降りに会い、全身水浸しになったのですが、当然バイクも同じ様に水浸しになっちゃいました(いや、後輪からの水の巻き上げ分、バイクの方が更に浴びてるか〜)

雨に当たっただけだと気楽に思ってたんですが、バイクへのダメージが案外大きかったんで、結構大掛かりな整備になっちゃったって記事です。

スポンサーリンク

まずはサクッと洗車

サラリーマンの特権の「有給休暇」を活用して、大会翌日は休養と片付け(^^)

バイクも汚れてるので、ざっと洗車。

いゃ〜さっぱりしたな〜っと思って、何気なくサドルを持って持ち上げた所、「じゃり」って言う嫌な感触が(°_°)

シートポストバラしてみた

とりあえず外してみたら∑(゚Д゚)

うゎ〜!シートポストの中に砂利が大量に侵入!

シートポストは簡単に綺麗になるけど、フレーム内側もジャリジャリなんで、これを綺麗にするにはかなり大変。

フレームの中を洗おうとすると、BBとフォーク&ヘッドパーツを外さないといけないΣ(゚д゚lll)

こりゃ〜大仕事だな〜(*_*)

クランクとBB取り外し

BBは富士ヒルの前にメンテしたばっかりなのに(><) って思いながらクランクとBBを取り外し。

うげ〜っ!中にこんなに砂利が溜まって酷い有様だ〜(T . T)

フォークとヘッドパーツ取り外し

フレームの中をジャーっと洗うのに、フォークとヘッドパーツも外します。

分解途中、ステム外したら中から水が出てきた。浸水(>_>)

ヘッドパーツには浸水した形跡は無かったんでチョット安心(あんまり綺麗では無いけどね)。

フレームの中を洗う

水と砂利の侵入なので、水道の勢いでジャーと洗い流しました。

(邪魔になるハンドルとフロントブレーキは、暴れない様に養生しつつ縛って作業した)

シートチューブとBBは綺麗になった。

ダウンチューブとシートステイとチェーンステイにも水を噴射して洗っておいた(覗いても見えないので綺麗かどうかは見えないが、触ってみても特に砂利は無い様だった)。

逆さにしたり傾けたりして、水を出来るだけ抜いて、その後数時間かけて日陰で乾燥させておいた。

BBセラミックベアリング逝く

悲しい事にBBのセラミックベアリングにゴリ感が起きてしまっていた(>_<)

水の侵入?砂利?ゴミ?とかの侵入?いずれの理由かは不明ですが、手で回した感触にゴリゴリ感が出てしまっていたので、泣く泣く交換する事に(´;Д;`)

BB交換するならスレッドフィットにしたいんですが、色々と物入りでお財布が軽いので、ベアリングだけを交換する事にしました。本当はBB全体を交換するべきなんでしょうけど、少しの間の繋ぎの暫定仕様にします。

使われているベアリングは、6805 2RS(内径25mm、外径37mm、幅7mm)

ジェイテクト Koyo 呼び番号 6805/2RS

ジェイテクト Koyo 呼び番号 6805/2RS

2,100円(06/22 16:24時点)
Amazonの情報を掲載しています

普通のスチールベアリング品を購入して入れ替え(ジェイテクト製ですが「鬼」じゃない普通のベアリングです)。

作業方法は過去記事を参考に、ベアリングは入れ替えるだけでOK

セラミックに比べると回転はチョット粘る感じ(なじみが出ると少しは変わるかも・・・希望)。

ヘッドパーツの掃除とメンテ

外したヘッドパーツのベアリングをメンテします。ずいぶんと久しぶりです(2年ぶり位!)

アッパー側ビフォー

ロワー側ビフォー

綺麗に掃除して、ベアリングは分解とグリスアップ。

アッパー側アフター

ロワー側アフター

作業の詳細は過去記事を見てね

あとは元通り組み立て終了です。

チェーン

富士ヒル直前に掃除と注油しておいたのですが、油分がほぼ洗い流されてた。ウェスで拭いても殆ど汚れが出てこない。

ウエスで拭いた後、注油しておいた。

おまけ

雨の中の走行の経験が殆ど無いので、甘くみてました。

ほぼ全バラシに近い作業になってしまった。

あと気になるのはホイールのハブ位ですが、シマノのハブだし動きはスムーズな状態なので今回はスルーしてます。

近いうちに開けて見るつもりではあるので、その時あらためて記事にします。

あと、フロントライトのボントレガー ION 100も逝ってしまいました。防水構造のはずでしたが、水没してしまった(中に水滴が見える)様で、全く反応しない。

ライトは新しく調達が必要です。色々買わないといけなくなって大変です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました